約40年ぶりに相続に関する民法改正(平成30年7月6日)

相続に関する民法の改正について 平成30年7月6日、相続に関する法律が改正されました。約40年ぶりに相続に関する民法改正です。
改正での大きな4つのポイント 1.配偶者に対する保護の拡大 2.自筆証書遺言書の方式が緩和され法務局で保管できることになったこと 3.被相続人の預金仮払制度の創設 4.特別寄与者の創設

遺産相続

親族が亡くなった時はもちろん、自分が亡くなった時にも問題になってくるのが相続です。その意味では誰しも避けて通れない法的問題といって良いでしょう。相続は、亡くなった人の権利義務関係を丸ごと承継するということですね。基本的にはプラスの財産だけ相続するということは許されず、相続する以上、マイナスの財産も相続しなければならないことになっています。

弁護士は法律全般の専門家弁護士です

弁護士のところに相談に来られる方の中には、他の士業の方が扱っていたけど、どうにもならなくなってから相談に来られる人が結構いらっしゃいます。しかし、そのときは、すでに紛争がこじれすぎて、事件の解決に時間がかかるようになっていることがあります。