特許権の相続

特許権も相続の対象となります。相続人が複数存在する場合には、特許権を共有して相続することもできます。

ただし、特許権が権利として保護されるのは特許出願から20年間だけです。

相続人が不存在の場合、その財産は最終的には国庫に帰属します。しかし、特許権などの知的財産権は、国庫に帰属するのではなく、権利自体が消滅してしまします

Related Posts